楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

箱根・鈴廣かまぼこの里に登山鉄道車両のカフェオープン

19/09/10

箱根の玄関口に位置する、「鈴廣かまぼこの里」(神奈川県小田原市風祭)に9月8日、箱根登山鉄道の引退車両を活用したカフェ、「えれんなごっそ CAFÉ107」がオープンした。

えれんなごっそCAFE107

大正、昭和、平成、令和を100年近く走り続け、今年7月に引退した箱根登山鉄道モハ形107号で軽食が楽しめる。車両は、強羅からトレーラーで輸送され、到着後はクレーンでレールの上に設置された。

店舗とテラス、車両の3つの食事スペースがあるカフェで、鈴廣が手がける箱根ビールや、箱根コーヒーなどのほか、ちくわパンやかまぼこサンドイッチなど、かまぼこ店ならではの特性メニューが楽しめる。

鈴廣かまぼこの里は、かまぼこ商品を販売する鈴廣蒲鉾本店や干物など箱根の物産土産店、レストランやかまぼこ博物館などを併設するかまぼこテーマパーク。博物館ではかまぼこやちくわづくり体験ができる。

カフェは既存のレストラン、「えれんなごっそ」の隣にできた。「えれんなごっそ」は、「いろんなごちそう」の意味。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
緋色に染まる秋の滋賀

滋賀県の秋はパッチワークのように色鮮やか。琵琶湖は青い水をたたえ、山々は紅や黄に緑も混じる...

令和に号令、山陰新時代鳥取編

令和の時代に飛躍を図る山陰観光の今をお伝えする特集後編は鳥取県にスポット。道路網が充実、周...

令和に号令、山陰新時代島根編

山陰では今、令和の時代に飛躍を期する様々な取り組みが進行中だ。山陰デスティネーションキャン...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ