楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

星野・青森屋 1ー2月の8日間、「酒のあで雪見列車」を運行

19/10/23

星野リゾート青森屋は、2020年1月18日から2月9日までのうち8日間、青い森鉄道の協力のもと、観光列車「酒のあで雪見列車」を運行する。列車を貸切運行するもので来年で5年目となる取り組みだが、今回は青森県内各地の酒蔵が日替わりで参加し、地酒の解説や飲み比べの機会を提供する。地酒を直接購入することも可能だ。

参加者は、青森の方言で“つまみ”を意味する「あで」を味わいながら地酒を楽しむことができ、また車内では青森の祭りばやしも生演奏する。「あで」には当日参加する酒蔵の地酒に合わせて、たこや帆立などの珍味を使用した料理を用意するという。また、特別ダイヤで運行することで雪景色を堪能できるようにする。

運行日は2020年1月18日、19日、25日、26日と2月1日、2日、8日、9日。宿泊客以外でも利用可能。料金は税別で大人1人8000円、4歳から11歳の子どもが1人4000円。最少催行人員は2名、定員は40名。

情報提供 トラベルビジョン

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ