楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

千葉・マザー牧場 「ドライブスルーファーム」再び、2月5日まで 

21/01/20

マザー牧場(千葉県富津市)は1月16日から自家用車で園内を周遊する「ドライブスルーファーム」を始めた。

コロナウイルス感染症の拡大防止策として2月5日まで続ける。期間中は車のみの入場とし、通常のように徒歩での入園はできない。

マザー牧場では昨年もコロナウイルス感染症拡大に伴う緊急事態宣言の解除後に同様のドライブスルーファーム方式で営業を再開している。

まきばエリアからスタートし、通常では車の乗り入れが出来ないマザー牧場内の特別コースを車で周遊できる。コース上からは動物たちや東京湾、九十九谷などの眺望が楽しめる。

昨年に続き2回目となる今回の「ドライブスルーファーム」では、内容を拡充しゴール地点の山の上ゲートでは、「山の上散策エリア」で車から降りることができるようにした。

名物のソフトクリームや乗馬体験、動物のエサやり体験、ドッグラン、ショッピングができる。

料金は乗車人数に関わらず乗用車1台3000円。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ