楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

志賀高原スキー場開きは12月7日 特割リフト券販売や抽選会

19/11/30

志賀高原観光協会(長野県山ノ内町)は12月7日10時から、志賀高原スキー場一の瀬ダイヤモンドスキー場で志賀高原全山のスキー場開き祭を開く。

冬山安全祈願とフラッグ滑走、デモンストレーション滑走などが行われる。来場者には餅やおでん、味噌汁のふるまいや、スキー板やウエア、ゴーグルなどが当たる抽選会を行う。閉会は12時。

7日、8日の2つ日間はスキー場開く特別料金としてリフト1日券が大人3000円、小人1500円、2日券を大人4000円、小人2000円で販売する。

また、9時30-11時30分の間、一の瀬ダイヤモンドスキー場のレストランダイヤモンドで志シーズン中の賀高原全山共通の特割1日券を先着500枚限定で4300円で販売する。通常は5500円。

リフト券は保証金制度を廃止

志賀高原では今シーズンからリフト券の保証金制度を廃止する。従来、利用者から500円の保証金を預かり、リフト券使用後に返金していたが、使い捨てのリフト券に切り替える。返金に伴う利用者、スタッフの手間をなくす。ゲートはこれまで通りリフト券を近づけて通過する。昨シーズンまでのリフト券であっても、リフト券売り場などで保証金は返金してもらえる。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
兵庫但馬で冬の寒さに抗う熱さ感じて

新年明けて、トラベルニュースat地域特集は、兵庫県北部の但馬地方にスポットを当てた。冬の味...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・京都府亀岡市編

明智光秀をめぐる物語は、いよいよ佳境に入っていく。京都府亀岡市は「本能寺の変」へ出陣した...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・岐阜県可児市編

戦国時代、斎藤道三が基礎を築き、織田信長が発展へと導いた現在の岐阜市。明智光秀はこの地で...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ