楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

コロナ:西伊豆町 地域通貨1万円分を全町民に 旅館での利用も

20/05/26

静岡県西伊豆町は、コロナウイルス感染拡大で落ち込む町内の消費を喚起しようと、5月18日からカード型の電子地域通貨「サンセットコイン」1万円分の、全町民への配布を開始した。予算は7700万円。

サンセットコインのサンプルカード

配布先は5月1日時点で住民登録がある7624人。手続き簡素化のため、特別定額給付金の申請のあった世帯主宛てに書留郵便で送付する。

地域通貨が使えるのは、町内の商店や飲食店、宿泊施設など109店。町では、引き続き取り扱い店舗を受け付けている。参加希望店舗にはスマートフォンを無料で貸与し、カードに印刷されたQRコードで地域通貨を読み取る仕組み。

地域通貨の利用を促進しようと、料金の割引や増量サービス、ウェルカムドリンクの提供など特典を設けている参加店もある。

登録店には温泉旅館もあり、町のまちづくり課では、「温泉入浴や宿泊にもご利用いただけます」と幅広く利用できることをアピールしている。

地域通貨の利用期間は2021年3月31日まで。地域通貨を継続するかどうかについては、今後検討するとしている。

海岸沿いに景勝地が連続、夕陽日本一を宣言

西伊豆町は、堂ヶ島、黄金崎、大田子海岸など、夕陽が映える景勝地が多く、「夕陽日本一」を宣言している。地域通貨の名称も日本一の夕陽からサンセットコインに、ポイントの単位もユーヒと付けた。

大田子海岸の夕陽

干潮時に、堂ヶ島の三四郎島が陸と地続きになる「トンボロ現象」が見られるのも当地。2-10月の干潮時に出現し、島まで歩いて往復できる。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ