楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「憩うよ、沖縄。」キャンペーン開始、感染防止と解放感の旅を

20/06/29

沖縄観光コンベンションビューローは6月24日から、「憩うよ、沖縄。」キャンペーンを開始した。期間は2021年3月31日まで。

憩うよ、沖縄。キャンペーンのロゴマーク©OCVB

コロナウイルス感染症拡大防止のため要請されていた、県境を超えた移動自粛制限が解除されたのを受け、官民一体となったプロモーションで県内への誘客を図る。

ただ、東京などで新たな感染者数が増えていることや、県内には6月末まで来訪の自粛を呼びかける離島があるなど、収束の動向を見極めながらのスタートとなっている。

キャンペーンでは、感染防止のガイドラインに沿った「防疫型沖縄旅行プラン」を紹介し、沖縄県のブランディングイメージである、きれいな空気、リフレッシュ、解放感などを意識した、他の観光目的地と差別化した統一イメージの情報発信を行う。

航空会社、空港、鉄道会社、旅行会社、メディアと連携し、自然、健康、アウトドア、ワーケーションや離島滞在による長期滞在、地産地消、ラグジュアリー、首里城復興など文化コンテンツによる付加価値を創出した情報を発信する。

キャンペーン開始を受け、日本トランスオーシャン航空と琉球エアーコミューターは、キャンペーンのロゴをラッピングした特別デザイン機を、8月から運航すると発表した。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ