楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

スタジオアリス 7月豪雨の罹災写真、全店で復元依頼を受け付け

20/07/30

写真館チェーンのスタジオアリス(大阪市梅田)が、豪雨や地震による被災で焼失・損傷した写真の復元を無料で行っている。同館で撮影した2007年以降(一部2005年以降)の写真について、保存しているデータから復元する。

7月20日から、令和2年7月豪雨により損傷した写真復元の受け付けを開始した。全国490軒の店舗で、電話で受け付けている。撮影した店舗でなくてもいい。

同様の無償復元サービスは、2011年3月11日の東日本大震災をきっかけに始めた。

「お客さまの思い出や成長の記録など、未来の宝ものである写真を手元に持っていていただきたいという願いを込めて」とサービスを開始し、その時は2871件(複数枚数含む)を復元した。

被災で損傷した思い出の写真

東日本大震災以降も震災のたびに同様の取り組みを続け、熊本地震(2016年)216件、西日本豪雨(2018年)485件、北海道胆振東武地震(2018年)75件、台風19号(2019年)149件など、多くの写真を復元し依頼主に贈っている。

毎年のように災害が続き、7月28日から29日にかけては最上川が氾濫し、床上浸水も発生した。水や泥に使ったアルバムがピカピカになって戻ってくる。同社に取り組みについて尋ねると、以下の返信をもらった。

全壊地域にお住まいの被災されたお客様から、手書きでいただいたお手紙が印象に残っています。家財など何もかもがすべてダメになってしまい、写真をはじめとしたお子様の思い出のものをすべて失ったことが大変ショックで落ち込んでいました。

その時、弊社の罹災写真復元サービスのテレビCMをお子様が見ておられて「もしかしたら僕の写真大丈夫かもよ」とお子様がお母様に教えてくれたことがきっかけで、罹災写真のことを知ったとの内容でした。

お子様の記憶の中にもスタジオアリスで記念写真を撮った思い出が存在することが、何よりも嬉しかったです。このような心温まるお声をいただくと、私たちスタジオアリスの「写真は未来の宝物」という想いと共に、写真がご家族を繋ぐ大切な宝物になっていることを改めて実感し、原点に立ち返る気持ちになります。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ