楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

真田ゆかりの六城めぐり記念「御城印」/群馬県、長野県

20/08/07

戦国武将・真田氏にゆかりのある群馬県と長野県の6つの城をすべて回った人に「真田街道六城攻城記念『御城印』」を無料頒布している。群馬県沼田市が音頭をとり8月1日から始めたもので記念の御城印は各城の案内所など7カ所で手に入れられる。

6つの城は、群馬県が沼田城(沼田市)、名胡桃城(みなかみ町)、岩櫃城(東吾妻町)、中山城(髙山村)の四城で、長野県が上田城(上田市)と松代城(長野市)の二城。各城址ではそれぞれ御城印を販売しており、6つの御城印がそろうと攻城記念御城印を頒布する。

御城印

6つの城をすべて巡るともらえる「真田街道六城攻城記念御城印」

沼田城は、真田昌幸の長男信之が天正18年(1590年)に初代城主となって以降、5代91年間にわたり真田氏の居城だった。名胡桃城は、昌幸が吾妻・利根進出の拠点としたほか、その後に北条方が不法占拠し豊臣秀吉の小田原攻めのきっかけとなった城。岩櫃城は上州最大の規模の山城で武田領内の三名城と称された。真田氏が居城した時代もあった。中山城は北条氏が築城した要害堅固な城で戦国乱世の舞台になった。

上田城は、昌幸が天正11年(1583年)に築城し、二度にわたって徳川軍を撃退した。松代城は、武田信玄の命により山本勘助が築城、元和8年(1622年)に信之が上田城から移封されて以来、明治維新まで真田氏10代の居城だった。

六城攻城記念御城印は短辺105ミリ、長辺148ミリ。真田氏の六文銭をはじめ、ゆかりの城主の家紋などをあしらっている。沼田市観光案内所や上田市観光会館2階観光案内所など7カ所で頒布している。

真田街道は、群馬県片品村と長野県上田市・長野市間の真田氏(真田幸村の祖父・幸隆、父・昌幸、兄・信之)が統治した地を結ぶ街道の通称。大阪市天王寺区や和歌山県九度山町など街道沿線以外の18市町村で真田街道推進機構を組織している。

御城印

群馬県、長野県の6つの城の御城印

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ