楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

草津町 8月の宿泊者数は前年比35%減、県民割り終了の反動

20/09/16

群馬県草津町は9月14日、8月の入込客数が前年比34・7%減の19万6205人だったと発表した。前年比は7月の20・3%減から悪化した。人数も7月を若干下回った。

草津温泉の湯畑

コロナウイルス感染症拡大の影響で、入込数は4月から大きく落ち込み、前年比で4月が84・1%減、5月が90・3%減、6月が79・%減、7月が20・3%減と推移している。

8月の入込客の内訳は、宿泊者数が35・6%減の13万5546人、日帰り客数が32・5%減の6万659人だった。

前年比が再び下降したことについて町観光課では「群馬県民割りが7月で終了したことの反動だと思います。それでもお盆までは前年比8割程度を維持していましたが、その後が低調でした」と話す。

群馬県では県内の宿泊需要を喚起しようと、6月5日から7月31日まで、県民を対象に1泊6000円以上の宿泊について、県と宿泊施設で5000円を補助するキャンペーンを実施していた。

7月22日から始まったGo To トラベルの影響についても「中小のハイエンドな宿泊施設を除いて、大多数は恩恵を受けていない状況です。団体旅行がないことで、特に大型宿泊施設は苦戦しています」と状況を説明する。

コロナ以降、草津温泉では自家用車やレンタカーで来訪する旅行者が増えている。若いカップルや20-40代の女性が目立つ一方で、シニア層の旅行者は少ない。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ