楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

川崎市多摩区で、10月15日からまち歩き謎解きイベント始まる

20/10/13

神奈川県川崎市多摩区を舞台に10月15-11月23日、周遊型謎解きゲーム「S H I G E N A R I-多きを解き明かし摩天楼へ」イベントが行われる。

800年以上前に川崎市多摩区に「枡形城」を築城したと言われる源頼朝の重臣「稲毛三郎重成」を題材にした周遊型謎解きゲームで、川崎市緑化センター(南武線宿河原駅から徒歩約7分)をスタートし、重成が残した暗号メッセージを解き明かすため、スマートフォンやタブレットで施設・商店などに掲示されたQRコードを読み取り、開いたページに掲載されたクイズを解き進めながらゴールを目指す。

イベントには多摩区観光協会や多摩区内の30カ所の施設・店舗が参画している。また、謎解きには多摩区にキャンパスを置く明治大学クイズサークルが協力するなど、地域の官民学が連携してオリジナルイベントを作り上げた。

コロナウイルス感染症防止対策として、謎解きゲームはスマートフォンを使い、すべてデジタルで完結させる。

全ての謎を解き、重成の暗号メッセージを解き明かした参加者には抽選で「読売巨人軍応援ユニフォーム」「川崎フロンターレタオルマフラー」や多摩区の銘菓詰め合わせなどの賞品をプレゼントする。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ