楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

日光市 西町エリアで無料電気バスを運転、ちょっと先まで

20/11/09

日光市は11月6日から、日光東照宮より西側のエリア「西町エリア」を循環する電気バス「グリーンスローモビリティ」の運転を始めた。無料で利用できる。実証実験として12月20日まで毎日運転する。

紅葉に日光を走る電気バス

9人乗りの電気バスで、世界文化遺産に登録されている大猷院・二荒山神社前を起点に御用邸通り、日光田母沢御用邸記念公園など西町エリアを、時速20キロ程度で約20分かけて循環運転する。9-16時まで30分間隔で運転する。8つのバス停で乗り降りできる。

電気バスルートマップ

最初の週末となった7、8日は昼の時間帯を中心に利用者が多く、バスに乗り切れない観光客も出た。

赤いボディに片側にある4つの車輪が目を引く。窓ガラスはなく車内は常に換気されている状態。側面を透明なビニールシートで覆い寒さ対策を行っている。同様のバスは東京・池袋でも「イケバス」の愛称で9月から運行されている。

日光市観光課では「電気バスの運転を、東照宮から西側のエリアの人の流れにつなげたい。パークアンドライドの交通機関としても活用してほしい」と利用を呼びかけている。

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
聖地の旅から始まる伊勢志摩観光新時代

「新しい生活様式」は生活に浸透し、「新しい旅のスタイル」は各地が模索を続け、確立されつつ...

湯どころ北陸流ウィズコロナの旅福井あわら編

“ウイズコロナの旅”を推進する北陸を紹介する今回の福井県あわら温泉の魅力にスポット。未だ...

湯どころ北陸流ウィズコロナの旅石川山中編

“ウイズコロナの旅”を推進する北陸を紹介する今回の石川県山中温泉の魅力にスポット。未だ制...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ