楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

サステナブル・ツーリズムを考える 阿蘇市観光協会や日本旅行らが12月12日にシンポジウム/熊本

20/11/30

熊本県・阿蘇市観光協会らでつくる阿蘇サステナブル・ツーリズム協議会は12月12日、サステナビリティ(持続可能性)を取り入れた経営を考える「サステナブル・ブランド国際会議2020 阿蘇シンポジウム」の第1回大会を阿蘇市立阿蘇体育館を主会場に開く。熊本地震、コロナ禍といった苦難から観光復興を目指す阿蘇の地から新しい時代の観光とあり方を考える。

同協議会には同観光協会のほか日本旅行やサステナブル・ブランドジャパンが参加、阿蘇市や阿蘇温泉観光旅館協同組合、熊本県観光連盟も賛同し、SDGsを基軸にした観光復興への取り組みを進めている。

同会議は、国内外の企業や自治体のSDGsへの取り組みを紹介、関係者間のネットワークを構築する国内最大級のサステナビリティに関するコミュニティイベント。事例紹介や教育旅行、ワーケーションなどの体験プログラムを通して、次代へとつながる新しいツーリズムの形を学ぶ。

サステナブル・ブランド国際会議2020阿蘇シンポジウム

10時―12時30分が体験プログラム、13―18時が講演プログラム。新型コロナの感染状況を踏まえ、現地参加とオンライン参加を可能とした。

参加は無料。一部体験プログラムは有料。定員は400人。全国の観光事業者やDMO、学生らに参加を呼びかけている。

申し込みや詳細はhttps://www.sustainablebrands.jp/event/sb20aso/#outlineへ。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ