楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

上野動物園 12月1日から同園生まれの赤ちゃんゾウを公開

20/11/30

上野動物園は12月1日から赤ちゃんゾウの公開を始める。10月31日に同園で生まれた初めてのアジアゾウで、約1カ月順調に成長しているという。

母親ウタイと赤ちゃんゾウ(上野動物園ウェブサイトから)

1週間程度は開園から2時間ほど、9時30-11時30分頃までの公開となる。上野動物園では「母子を驚かせないよう観覧通路では大きな声や音を出さないように」とお願いしている。当面は写真や動画の撮影は禁止する。

また、赤ちゃんゾウの名前の投票をインターネットや園内で受け付けている。タワン(タイ語で太陽・日・日輪)、アルン(タイ語で夜明け・曙・暁)、アッサドン(タイ語で夕日・夕焼け)の3つの候補から選んで投票する。

投票期間は12月13日まで。最も得票の多い名前に決める。

上野動物園はコロナウイルス感染防止策として入園が日時指定の事前予約制になっていて、同園ウェブサイトか電話での申し込みが必要。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ