楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

コロナ禍からの反転攻勢 全国旅行業協会・国内観光活性化フォーラム(2) 山形県へ5万人送客CP展開

次回開催は名古屋市 初の大都市圏開催

記念講演では、山形県出身でタレントのウド鈴木さんが、永六輔さんの言葉「横丁を曲がっても旅になる」を紹介し、旅先での一期一会の尊さを話していた。

山形県の送客キャンペーンについてはANTAの駒井輝男副会長が提案。22年6月から23年1月に行われた山梨県のキャンペーンでは6万4177人の実績があったことも報告した。

国内観光活性化フォーラム

フォーラムには全国から約900人が参加

フォーラム開催地で恒例の「学生がつくる着地型旅行プランコンテスト」では12作品の応募があり、山形県立小国高校2年生の齋藤心花さんが最優秀賞を受賞、近藤副会長から表彰された。

次回は24年2月15日に名古屋市で開かれることが発表され、愛知県支部の藤田雅也支部長らが「新しい旅立ちじゃ 皆の者 出陣!」と書かれた横断幕を手に登壇。初の大都市圏での開催となるフォーラムへの参加を呼びかけた。

(トラベルニュースat 2023年3月25日号)

(前の記事)コロナ禍からの反転攻勢 全国旅行業協会・国内観光活性化フォーラム(1) 山形市に会員約900人集結

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ