楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

スノ☆コミュ 八方尾根スキー場、黒菱はもう2メートル超え

20/12/21

長野県の八方尾根スキー場(白馬村)は先日の寒波で、シーズン初めとしては異例の雪の多さ。20日は黒菱ゲレンデの積雪が2メートルを超えていた。準備が整わないのか一部まだ動いていないリフト、開いていないバーンもあるけれど、ほぼ全山に近い形で滑走可能だった。

コロナ対策としては、Cocoaアプリのインストール推奨、ゴンドラは同一グループでの乗車のみなど、そのほかにも多くの対策が取られていた。背中合わせのゴンドラ内にもシートの背の部分が飛沫防止シートで区切られていた。

ゴンドラ内に飛沫防止シート

そしてゲレンデ内はマスク、フェイスマスク着用を依頼、オンラインチケットは引き換えも機械により非接触で完結。オンライン割引もあって、使う側にメリットも提供している。

20日(日曜日)の8時半で、ゴンドラの待機列なし。いつものシーズンなら12月になれば、夏休みのオーストラリア人ファミリーで溢れるところだが、その姿はなく、日本在住と思われる外国の方の姿がチラホラ見られた。

ランチは名木山で食べたけれど、シーズン初めだからかレストランがどこも開いておらず、やむなく屋台のラーメンを吹雪の中食べることに。これはちょっと辛かった。

おっと、スキーの話しは別の機会に。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ