楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

ゼロ・コロナの国 ニュージーランドでただいま隔離生活中(3)

20/12/28

ニュージーランドへの移住を目指している友人が12月13日にオークランドに到着し、2週間の隔離生活を送った。ニュージーランドは市中感染ゼロが続き、オールドノーマルな生活を取り戻している。

滞在先のホテルでクリスマスキャロル

12月27日で無事、隔離生活が終了しました。オークランドから飛行機でウエリントンに着きました。これからはマスクなしの生活です。

隔離生活中のクリスマスは、東京で働いていた頃よりもずっとクリスマスっぽかった気がします。滞在施設のホテルではスタッフ、セキュリティ、看護師の方々がサンタ帽をかぶったり、22日から24日までの3日間は屋外でのクリスマスキャロルがありました。

クリスマス当日はChristmas High Teaランチ、ディナーにはターキーが選べたりと快適に過ごせるように色々と工夫があってありがたい限りでした。

12月24日の隔離中2回目のPCR検査も陰性だったので予定通り隔離生活は丸14日間、12月27日で終了しました。

最後の問診も検温と何か症状があるかの確認だけで、すぐに終わりました。ナースステーションで問診完了レポートを受け取り、大量の荷物をカートに載せ、チェックアウトは普通にフロントで行ないました。使用していたカードキーは消毒液に入れて、手続き完了でした。

最後は陸軍の方がパスポートとレポートを確認し、隔離完了レポートを受け取ってホテルを出ました。毎日歩いていた駐車場を横目に見ながら(名残惜しくはありません)、二重フェンスも陸軍の方が開けてくださいました。

国によっては部屋から一歩も出ることのできない隔離生活だったりもするので、隔離中もマスクをしながら毎日外気に触れることができ、太陽を浴びることができたのはとても嬉しかったです。

常にピリピリとしていてもおかしくない環境の中でそれぞれの立場の方々が、気軽に滞在者とお喋りもしながら毎日対応してくださり、こちらの気持ちを和ませてくれました。

決められたルールの中で最大限快適に過ごせるように皆さんが努力や工夫をされているので、私たち滞在者もきちんとルールを守ることができるのだと思います。

ホテルの食事はおいしかったですが、さすがに2週間で味にも飽きたので、ガーリックたっぷりのパスタやハンバーガーを食べたいと思います。(おわり)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ