楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

岡山県の酒造文化に触れる 2月19、20日に「岡山の日本酒を愉しむ会」

21/01/28

岡山県の酒造文化をアピールしようと2月19、20日、JR岡山駅で日本酒のたしなみを学ぶ「岡山の日本酒を愉しむ会」が開かれる。岡山の地酒と講座で岡山県の日本酒の魅力に親しんでもらう。

岡山県や酒造組合、観光連盟、日本旅行、JR西日本、JR西日本コミュニケーションズと県内の酒蔵27軒が連携して開発した新商品の発売記念として企画した。商品は「岡山の日本酒をちょっとずつ。OKAYAMA SAKAGURA COLORS」。地酒のミニボトルを好みに合わせて選択、購入できる。

OKAYAMA SAKAGURA COLORS

「OKAYAMA SAKAGURA COLORS」

「岡山の日本酒を愉しむ会」では、きき酒師や日本酒学講師の資格をもつ市田真紀さんを講師に、岡山の地酒8銘柄を呑み比べ。それぞれの特徴や岡山の酒造りについて学び、瀬戸内のおつまみセットを味わいながら地酒を楽しんでもらう。

時間は両日とも16時―17時30分と18時30分―20時の2回。定員は各回30回。場所は岡山駅2階新幹線コンコース「カフェバールマスカット」。

参加料は1人1千円。「OKAYAMA SAKAGURA COLORS」のうち1本がお土産として付く。

参加申し込みはhttps://va.apollon.nta.co.jp/marche/joho?MODE=topから。

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ