楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

水戸・偕楽園で梅まつり 夜間はチームラボのイベントも

21/03/02

茨城県水戸市の偕楽園と弘道館で3月1日から「水戸の梅まつり」が始まった。125回目となる今年の梅まつりはコロナウイルス感染症の拡大防止のため開会を延期していた。期間は3月21日まで。

偕楽園

日本三名園に数えられる偕楽園には100種・3000本の梅があり、すでに全体の8割が開花し見ごろとなっている。

弘道館は水戸藩の藩校として19世紀半ばに開設され、正門と正庁と呼ばれる勉学所、藩主の休息場所としても使われた至善堂が国の重要文化財に指定されている。

こちらには60種800本の梅が植えられている。

両施設は車で10分ほどの距離にある。入園料・入館料は偕楽園が大人300円、弘道館が大人400円など。

このうち偕楽園では3月31日までアートプロジェクト「チームラボ光の祭」が夜間に行われる。時間は18-20時30分で料金は大人1500円など。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ