楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

来春オープンの複合施設の説明会、参加者募る/福井県おおい町

21/08/03

福井県おおい町に2022年春オープンする商業・観光・創業支援の複合施設「SEE SEA PARK」の出店・入居希望者向けオンライン説明会が8月19日、22日に行われる。施設運営会社のリライトおおいでは現在、説明会の参加者を募っている。

SEE SEA PARKは、年間延べ利用者数が125万人を数える道の駅やホテルなど町の集客施設が集積する「うみんぴあエリア」に開設される。EAST棟、WEST棟からなり敷地面積は約2700平方メートル。「みんなでつくる公園」をコンセプトに、町民らが植樹する百年の森ゾーンも設けられる。

SEE SEA PARK

SEE SEA PARKの俯瞰イメージと配置図

すでにEAST棟には町の商業担当課や観光協会など行政機能のほかアウトドアストアなどの入居が決定。WEST棟はすでにカフェの入居がきまっているほか、物販や飲食のチャレンジショップ、シェアオフィススペースが設置される。

8月19日19―20時、8月22日13―14時に行われるオンライン説明会では、新規創業を想定したチャレンジショップ2区画、本格的なビジネスを展開向けの3区画、少人数オフィス向けのシェアオフィス1.5区画の出店・入居者を募る。

シーシーパーク

環境共生型の建物

施設があるおおい町は、大阪や名古屋から2時間でアクセスでき、2024年には北陸新幹線の敦賀開業を控える。リライトおおいの担当者は「若狭をたのしむ旅のスタート地点であり、数々のチャレンジを受け入れるインキュベーション施設です」としている。

オンライン説明会の申し込みは、SEE SEA PARKホームページhttps://see-sea.co.jp/から。

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
聖地の旅から始まる伊勢志摩観光新時代

「新しい生活様式」は生活に浸透し、「新しい旅のスタイル」は各地が模索を続け、確立されつつ...

湯どころ北陸流ウィズコロナの旅福井あわら編

“ウイズコロナの旅”を推進する北陸を紹介する今回の福井県あわら温泉の魅力にスポット。未だ...

湯どころ北陸流ウィズコロナの旅石川山中編

“ウイズコロナの旅”を推進する北陸を紹介する今回の石川県山中温泉の魅力にスポット。未だ制...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ