楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

ものづくりなどまちの個性感じる42プログラム 「ひがしおおさか体感まち博2022」、10月15日―11月20日に開催/大阪

22/09/23

東大阪ツーリズム振興機構(大阪府)は10月15日―11月20日、東大阪市内全域を会場に、体験型観光イベント「ひがしおおさか体感まち博2022」を開く。今年も地元の個性が感じられる体験プログラムを42用意。東大阪ならではの楽しみ方を提案する。

同博は今年で5年目。聖地花園を擁するようにラグビーのまちとして知られるが、ものづくり、自然や文化など“それだけじゃない”東大阪市の魅力を体感できるプログラムを地域の人々の手で用意、来訪者に楽しんでもらう。

今年は市内の企業によるコラボレーションプログラムが登場。コージ製靴の靴への色付け体験、福井プレスのTシャツタイダイ染め体験、宮島ラーメンスクールのラーメンの作り方スクール体験、盛光SCMの工場見学ガイドツアーと板金部品を使っての乗り物づくりなどものづくりのまちならではの体験がずらり。

ひがしおおさか体感まち博

ものづくりのまちを体感

そのほかHANAZONO RUGBY STADIUM第1グラウンドの開放&スタジアムツアーや東大阪エコ野菜の盛り付け体験など個性豊かなプログラムが並ぶ。

参加費はプログラムによって異なる。参加申し込みは10月1日から。詳しくはhttps://pikahiga.jp/machihaku2022/へ。

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ