楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

奈良市観光協会 「古都奈良の文化財 新・南都八景」発表、世界遺産登録25周年で

23/12/06

ユネスコ世界遺産「古都奈良の文化財」が12月2日に登録25周年を迎えたことを記念して、奈良市観光協会は「東大寺二月堂の眺め」「若草山からの興福寺遠望」など、「古都奈良の文化財 新・南都八景」を発表した。

世界遺産を構成する8つの資産(東大寺、興福寺、春日大社、春日山原始林、元興寺、薬師寺、唐招提寺、平城宮跡)が推薦する写真映えする撮影スポットを対象に、11月2-20日に実施したオンライン投票で決定した。

そのほかの新八景は「春日大社の春日鳥居の前でたたずむ鹿」「春日山原始林の滝坂の道」「元興寺の日本最古の屋根瓦」「薬師寺の南大門付近からの白鳳伽藍全景」「唐招提寺の金堂」「平城宮跡の空」の六景。

もともとの南都八景は室町時代に選ばれた奈良の美しい景色や風物で、東大寺の鐘、春日野の鹿、南円堂の藤、猿沢池の月、佐保川の蛍、雲井坂の雨、轟橋(とどろきばし)の旅人、三笠山の雪とされている。

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ