楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

韓国観光公社東京50周年 日韓観光交流を再び上昇気流に

韓国観光公社東京支社(KTO東京支社)の開設50周年を祝う式典と懇親会が、11月21日、東京・芝公園のザ・プリンスパークタワー東京で開かれた。

韓国観光公社50周年の夕べ

韓国側から南官杓駐日大使、安榮培・KTO社長ら、日本側から赤羽一嘉・国交相、田川博己・日本旅行業協会会長らが出席した。

日韓の観光交流は50年前に年間6万人だった相互交流が、昨年は1000万人を超えるまでに成長している。この50年間の相互訪問者の数は1億5千万人に及び、このうち韓国を訪れた日本人は延べ7800万人に達する。

この間、ドラマからKポップまで、日本における韓流ブームの種を蒔き、そして後押し相互交流の定着へと、KTOは大きな役割を果たしてきた。

新たな訪韓プロモーションのキャラクターを務める日本人モデルの石坂さんと吉田さん(右の2人)

来賓からの祝辞では、現状の日韓の難局を認識しつつ、「この50年も、山あり谷ありの紆余曲折があった。今こそ、民間交流の力強さを発揮するとき。冬は必ず春になる。観光交流を、再び上昇気流に乗せられるよう努めましょう」など、前向きなコメントが多く聞かれた。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ