楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

沖ノ島が世界文化遺産に 除外勧告覆し全資産が登録

17/08/23

国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会が7月9日、ポーランドのクラクフで開かれ、福岡県の「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」を世界文化遺産に登録することを決めた。日本の世界文化遺産登録は5年連続で、これで17件目。

日本が推薦していた8資産すべてが登録。事前にユネスコの諮問機関が除外を勧告していた4資産も”逆転”で登録が決まり、地元では喜びの声があがった。

宗像市の沖ノ島は玄界灘に浮かび、4―9世紀の大陸との交流や自然数崇拝に基づく古代祭祀にまつわる遺産がほぼ手つかずのまま残る。いまだに女人禁制の島ということでも知られる。

構成資産は、沖ノ島の宗像大社沖津宮、周辺の3つの岩礁、除外を勧告されていた本土側の宗像大社沖津宮遥拝所や中津宮など神社・古墳群。

宗像大社中津宮

本土の沖合にある大島の
宗像大社中津宮も登録が決まった

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ