楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

リニア“奈良ルート”で連携 三重、奈良、大阪、知事出席で決起大会開く(2)

17/09/29

リニア中央新幹線は、東京・品川―名古屋間が2027年に開業する予定。南アルプスを貫く全長21キロのトンネル掘削など前例のない難易度の高い建設工事が進められている。名古屋まで開通すると、新大阪―東京間は乗り換え時間を含めて1時間45分程度で結ばれる見込みだ。名古屋―大阪間は当初45年の予定だったが、国から3兆円の融資を受けてJR東海では最大8年前倒しして全線開業する方針を固めている。全線開通すれば新大阪―東京間は67分で、三大都市圏が1時間圏内になる。

名古屋―大阪間のルートについては国の整備計画で「奈良市付近」を通ると定められている。ただ、詳細は未定で、京都府や京都市は京都駅への誘致を進めている。

この日、松井知事は「自治体間が揉めて延伸を遅らせてはいけない」と話し、荒井知事は「真っすぐなルートは高速鉄道にマスト」と京都誘致の動きをけん制した。

(前の記事)リニア“奈良ルート”で連携 三重、奈良、大阪、知事出席で決起大会開く(1)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ