楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

和歌山市で「官民連携まちづくり祭」 国交省、11月20―22日に

17/11/14

国土交通省は11月20―22日、和歌山市を舞台に「官民連携まちづくり祭inWAKAYAMA」を開く。

和歌山で官民連携のまちづくりに積極的に取り組む地域団体と行政が連携して開催。シンポジウムやツアーを通して、まちづくりに関わる人やプロジェクトに触れ、民間主体のまちづくりのあり方を考える。

20日は、和歌山市民会館での国交省のシンポジウム「広がりをみせる官民連携まちづくり」と、京橋駐車場周辺での和歌山市による飲食・トークイベント「和歌山城下・まちなか河岸」。21日は、無料ツアー「まちづくりフィールドワーク」や、「リノベーションまちづくりサミット」「民の力を結集するエリアマネジメント」など取り組みの紹介やトークセッションでまちづくりへの理解を深めてもらう。

22日は「まちづくりフィールドワーク」の有料版を実施。ユタカ交通が「日本遺産『絶景の宝庫 和歌の浦』の歴史まちづくり」と題して視察・まち歩きツアーを催行する。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ