楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

四字熟語で2021年の観光を再起(2) 内優外寛・種暁無常

内に優しく外で寛ぐ

【内優外寛】 昨年は内にも外にも憂慮すべき問題が多い内憂外患だったが、今年は内に優しく外で寛ぐ1年にしたい。

井村さんはコロナで内向きだった昨年から、今年は「外」で勝負しようと呼びかける。緊急事態宣言の時は外食すらはばかれ、内にこもり、下手をすれば内から攻撃対象になってしまった。

その閉塞感を打破するためには「郊外、県外、外国…とにかく『外』に出られるか、『外』から来るか、『外向き』になれるかがポイントになると思います」と井村さん。

藤田さんは「こんな時代だからこそ本当の本物が一層求められるに違いない」という。それは自身が昨年Go Toトラベルも活用して35泊以上もした結果得た確信だ。

「良いと感じる宿に共通していたのは『寛ぎ』です。しかも、良い宿は自分の長所を実に良く理解している」と言い切る。部屋での寛ぎが素晴らしい宿は、到着後すぐに部屋へ案内し、部屋の冷蔵庫の飲料は無料もしくは安価で居心地を一層良くしている。ラウンジの寛ぎは自慢の宿は、ラウンジの飲み物が無料だったりする。「自分の強みを熟知して一層強化しているのですから、まさに鬼に金棒」。藤田さんにとって昨年は愛用したい宿を発見できた年だった。

新しい種に適応し暁に輝く

【種暁無常】 「種」を選んだ松坂さんはこう指摘する。「新型コロナウイルスは憎き菌であることは間違いないが、そろそろ、そういう見方は変えたい。僕は、このウイルスは我々の世の中に新しい姿をもたらす新しい『種』(しゅ)と積極的に評価しようではないか、という気持ちを込めています」。

夜明け前のいわゆる未明の空がまだ暗い、あと少しで夜明けがやってくるころの「暁」(あかつき/ぎょう/とき)とした井門さん。歌手の福山雅治さんの楽曲「暁」に、心にある太陽が燃え尽きそうでも日はまた昇る、あなたを必要とする人がいる、という趣旨の歌詞があるそうだ。井門さんは「まさに今年を表している」と。

新型コロナウイルスという種によって、私たちは「新しいリモートワークのあり方、ナイトエコノミーからデイライトエコノミーへ転換(商売は昼間のうちに稼ぎ切ろう!)、リゾートが担う新しい役割など、新しい風土をもたらすものと考えていいのではないか?」とも松坂さん。

古くから私たちは、万物はいつも流転し変化し消滅が絶えない「諸行無常」を受け入れ暮らしを紡いできた。松坂さんの言う「『対応』するのではなく、新しい種がもたらす世界に『適応』することを考え」、そして井門さんからの「暁星(あけぼし)とも呼ぶ金星のように、夜明けを迎えた時、たとえ周囲の星が消えていたとしてもしっかりと光り続ける星になっていたい」−。

(トラベルニュースat 21年1月1日号)

(次の記事)四字熟語で2021年の観光を再起(3) 衛遠不密・起死革生
(前の記事)四字熟語で2021年の観光を再起(1) 8氏が選ぶ今年の観字

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ