楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

公共交通のサービス水準定める 観光庁、訪日客の受入環境整備へ指針

18/08/28

観光庁は8月9日、国際観光振興法の一部改正に伴い、外国人観光旅客利便増進措置に関する基準及びガイドライン案をまとめた。公共交通事業者らのサービス水準を定め、訪日旅行者の受入体制強化を図る。

改正国際観光振興法では、新税「国際観光旅客税」の使途として、ストレスフリーの旅行環境の整備、情報入手の容易化を定めるなど、受入体制整備を追求。公共交通事業者らに課せられた訪日外国人旅行者の利便性向上に向けた努力義務を従来の情報発信面のみから拡充させることになり、検討会で議論していた。

基準・ガイドライン案では、公共交通事業者らが今後達成すべきと考えられるサービス水準を明確化。多言語による案内・運行情報の提供やWi―Fi環境、オンライン予約環境の整備、トイレの洋式化、クレジットカード対応券売機の配備などを促す。

また、望ましい取り組みの方向性として、従業員による多言語での情報提供、経路や運行状況のオープンデータ化、周遊パスの造成、観光案内所の設置、サイクリストへの対応なども明示した。

基準の告示・施行、ガイドラインの公表は10月の見込み。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ