楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

全国通訳案内士、19年度試験受付始まる

19/05/13

全国通訳案内士の2019年度試験が行われる。願書配布・受付は5月13日—6月24日。

試験は観光庁長官が実施、日本政府観光局(JNTO)が試験代行機関。訪日外国人観光客にガイドを行う国家資格で、合格すると都道府県登録を受けて活動する。

筆記試験は8月18日。外国語、日本地理、日本歴史、一般常識、通訳案内実務に関して出題される。筆記を合格すれば、12月8日の面接形式による口述試験を経て、20年2月7日に最終合格発表。

試験場所は札幌市、仙台市、東京近郊、名古屋市、大阪近郊、広島市、福岡市、沖縄県と韓国ソウル市、台湾台北市で実施。口述試験は、英語、中国語、韓国語は東京近郊、大阪近郊、福岡市。それ以外の外国語は東京近郊で実施する。

受験手数料は1万1700円。願書配布は日本出版販売株式会社内の同試験事務局やJNTOなど。郵送も可。

詳しくは同事務局 電話03—3518—9018。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岡山美作三湯から令和の安らぎ

岡山県、ひいては山陽路を代表する湯のまち、美作三湯。岡山県北に位置する湯郷、湯原、奥津という...

栃木日光・鬼怒川で感じる四季の味わい

栃木県鬼怒川温泉―。世界遺産・日光のおひざ元、東京の奥座敷としてなじみの温泉地だが、西日本か...

静岡DCでパワーアップ旬の伊豆を行く

静岡デスティネーションキャンペーン(DC)が4月、開幕した。6月までの3カ月間、伊豆半島でも花火...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ