楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

今年度「観光白書」を閣議決定 観光の地方への経済効果を分析

19/06/26

政府は6月21日、2019年度版の「観光白書」を閣議決定した。増え続ける訪日外国人客数が地域に与える影響のほか、昨年相次いだ自然災害の観光への打撃にも言及。国としての施策と地方の魅力創出の両面から、真の観光立国化へ向けた潮流を紹介している。

白書では、2018年の世界・日本の観光動向の報告に続き、今年度の主軸テーマ「すそ野が拡がる観光の経済効果」と題した分析結果を掲載。消費額の増加や宿泊業の生産性向上など訪日外国人客が地方に与える好影響を提示している。一方で、オーバーツーリズムによる日本人観光客の旅行控えというデメリットにも触れたほか、昨年の自然災害がそれぞれの被災地に与えた影響も分析している。

地域の取り組み事例の紹介では、サイクルツーリズム(瀬戸内しまなみ海道)、観光快適度の見える化による分散(京都府京都市)、公共交通機関における地域住民優先入場の試行(神奈川県鎌倉市)を挙げている。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ