楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

観光危機管理・対応を学ぶ 観光庁とUNWTO、2月25日にオンラインセミナー

21/02/05

観光庁とUNWTO(国連世界観光機関)駐日事務所は2月25日、オンラインセミナー「観光危機管理の扉を開けよう!―観光危機管理の意義・重要性と危機への対応について」を開く。自治体や観光事業者らに参加を呼びかけている。

観光危機管理の基本要素「減災・危機対応への備え・危機への対応・危機からの復興」について国内外の対応事例・導入をまとめた「手引書・教材・講師用手引書」の活用方法などを学ぶ。

基調講演としてUNWTOのダーク・グラッサー持続可能な観光部部長が「観光危機管理の意義について―危機管理コミュニケーションの重要性」を演題にビデオレターで、富士五湖観光連盟の上野裕吉専務理事が「官民連携で策定の富士五湖観光事業者災害対応マニュアルについて―災害リスク想定・策定・マニュアル作成のプロセスについて」を演題にライブで登壇する。

「手引書・教材・講師用手引書」については、観光レジリエンス研究所の高松正人代表が紹介、説明する。

時間は10―12時。ZOOMウェビナー形式で開催する。

受講料は無料。定員は500人。参加申し込みはhttps://questant.jp/q/TCM2021JPNから。

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光復活は四国一周しこくるりから愛媛編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。第2回は愛媛県の旅...

観光復活は四国一周しこくるりから高知編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。第1回は高知県の旅...

聖地の旅から始まる伊勢志摩観光新時代

「新しい生活様式」は生活に浸透し、「新しい旅のスタイル」は各地が模索を続け、確立されつつ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ