楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

インバウンドの地方誘客を分析 24年度「観光白書」閣議決定

24/07/03

2024年度(令和6年度)の「観光白書」が6月18日、閣議決定された。今年度の白書では、過去最高の水準で推移している訪日外国人客に関して、観光立国推進基本計画にも掲げられている「インバウンドの地方誘客促進」について分析している。

インバウンドの地方誘客について、外国人延べ宿泊者数の約7割が三大都市圏に集中し、訪日外国人旅行消費額も東京・大阪・京都が顕著に高くインバウンド需要が偏在傾向にあることから、地域ならではの食やショッピング、伝統文化、日常の暮らしなどを観光資源として生かした魅力の向上や発信が必要と提案。高付加価値化により収益性を向上させ、収益を地域の経済社会に還元する好循環の構築が重要だとし、持続可能な観光地域づくりの実現を促している。

白書では、インバウンドの地方誘客事例として岩手県、石川県、熊本県の取り組みについて掲載しているほか、地方釉薬の実現を支援する施策も紹介している。

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海と生き海を守る三重鳥羽の旅

鳥羽市の基幹産業である漁業、観光業が連携を図り、漁業者と観光事業者が抱える課題を出し合って...

蒙古襲来750年・歴史とロマンを感じる長崎県壱岐・松浦

時は鎌倉、大陸から元が日本へ侵攻した一度目の蒙古襲来(元寇:文永の役)から今年で750年。...

個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ