楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

サンシティグループ、和歌山県IR事業から撤退

21/05/13

和歌山県が誘致している統合型リゾート(IR)で、事業者公募に参加していたサンシティグループが5月12日、事業からの撤退を表明した。コロナ禍による先行きの不透明感や、日本のIR区域選定の見通しが立たないことなどを理由に挙げている。

和歌山県のIR整備計画は、和歌山市の和歌山マリーナシティに開設するというもの。マカオをはじめマニラ、ウラジオストクなどでIRを展開しているサンシティグループは、和歌山県特定複合観光施設設置事業における事業者公募に参加。これまでにも和歌山県でイベントやセミナーなどを開催していた。

サンシティ・ジャパンの周焯華(アルビン・チャウ)代表取締役は「事業者としてのリスクを鑑み、熟考の上で厳しい決断をするに至りました」とのコメントを発表している。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ