楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

城泊の先駆け「平戸城 CASTLE STAY 懐柔櫓」がオープン 長崎県

21/04/06

長崎県大阪事務所の大久保亘さんと共同ピーアールの神津眞一さんが来社し、長崎県平戸市に4月1日開業の「平戸城 CASTLE STAY 懐柔櫓」を紹介した。日本100名城選定の城郭としては初の常設城泊施設。国も新しい地域観光コンテンツとして注目する城泊の先駆けの実力やいかに―。

「平戸城―」は、平戸市が観光活性化の起爆剤として計画。欧米の富裕層をターゲットにした宿泊施設として、百戦錬磨グループらとプロジェクトを進めてきた。同時に天守閣と見奏櫓も改修。日本最古の南蛮貿易の拠点となった城下町への歴史観光の中心軸としての役割も担う。

広さ約120平方メートル、2階建ての施設にリビング・ダイニングルーム、和室、ウッドデッキ、浴室を備え、桃山―江戸時代と現代を融合させた内装デザインの歴史空間に。夕食は海の幸など地元の旬の食材を創作料理として提供。3面ガラス張りの浴室からは平戸大橋と平戸島の海の絶景を一望できる。

平戸城

平戸城

また、体験型宿泊施設をうたう通り、体験メニューも充実。伝統の平戸神楽・祈祷や平戸藩松浦家に伝わる武家茶道など、この地ならではの歴史を体感できる体験をそろえた。

運営はプロジェクトを機に立ち上がった狼煙が担う。1日1組限定で、宿泊料は1泊最大60万円と高額ながら、両氏は「ぜいたくな空間で、1日特別に“城主”になれるなら…」。

また、大久保さんはリニューアルした天守閣もイチオシ。平戸の歴史を伝えるパノラマ映像やデジタルによる書道体験、特製の刀で斬って回答する平戸クイズなどアミューズメント性を高め、歴史に触れてもらう工夫を凝らした。城泊宿泊者は5階を夜間貸切で過ごしてもらうことも。

大久保さんは「これまで城と言えばシニアのイメージでしたが、ファミリーや女子旅にも楽しんでもらえる内容になりました。城を拠点に城下町散策を繰り出して平戸観光を楽しんでほしいですね」。

長崎県のお2人

長崎県のお2人

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光復活は四国一周しこくるりから愛媛編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。第2回は愛媛県の旅...

観光復活は四国一周しこくるりから高知編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。第1回は高知県の旅...

聖地の旅から始まる伊勢志摩観光新時代

「新しい生活様式」は生活に浸透し、「新しい旅のスタイル」は各地が模索を続け、確立されつつ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ