楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」
ホーム   >   トラベルニュースat本紙   >   総合

総合

旅行サービス手配業登録制度で地位確立、責任もって業務を 大阪直案会

18/02/15

大阪直営案内所連絡協議会(谷口昇幹事長)は2017年12月18日、大阪市中央区の大阪中央会館で定例会を開いた。 谷口幹事長は、冒頭のあいさつで「2018年1月4日から施行される旅行業法の改正に加えられる旅行サービス手配業は、我々案内所...

英語版動画でインバウンド集客 エムストーン

18/01/12

ホームページの翻訳や動画制作などを手がけるエムストーン(藤原祥隆社長)は、急増するインバウンド客にアピールする方法として英語版動画の活用を訴えている。 「最近は静止画像ではなく動画検索が主流になりつつあります。動画は映ったものを一瞬で...

「ガストロノミーツーリズム」テーマにシンポ 日観協らが2月5日に開催

17/12/26

「食」をテーマに地域の魅力に触れる「ガストロノミーツーリズム」への理解を深めようと、2018年2月5日に東京都渋谷区の国連大学「ウ・タントホール」でシンポジウムが開かれる。基調講演やパネルディスカッションを通して地域活性化のひとつの武器とな...

愛知半田で全国産業観光フォーラム 1月25日に開催

17/12/11

「全国産業観光フォーラム」が18年1月25日、愛知県半田市の市福祉文化会館で開かれる。今回は「第9回愛知県観光交流サミット」も併催。古くから醸造文化が根付くものづくりのまち・半田で産業観光による地域活性化を考える。 フォーラムは200...

観光による地方創生を 前橋で全国商工会議所観光振興大会

17/12/05

日本商工会議所は11月9―11日、群馬県前橋市をメーン会場に「全国商工会議所観光振興大会2017in前橋」を開いた。全国234の商工会議所・連合会から、過去最多の約1800人が参加し、観光による地方創生を考えた。 同大会は今回で14回...

京奈和道開通に期待 和歌山県葵会、総会開き会員増も着手

17/11/07

和歌山県の旅館ホテル、観光施設などで組織する和歌山県葵会(静琴盛世話人代表=高野山温泉福智院)はこのほど、大阪市中央区のイビスタイルズ大阪で第11回総会を開いた。 2016年度事業・決算、17年度事業・収支予算を審議し、いずれも原案通...

「旅行サービス手配業」に責任持つ 大阪直案会が総会

17/10/30

大阪直営案内所連絡協議会(谷口昇幹事長)はこのほど、大阪市中央区の道頓堀ホテルで第29期定時総会を開いた。 谷口幹事長は冒頭のあいさつで、来年1月から施行される旅行サービス手配業について言及。「軽井沢でのバスの事故をきっかけに我々の業...

弥彦神社

夏の“フォトジェニックスポット”1位は弥彦神社と洞爺湖 トリップアドバイザー

17/10/12

トリップアドバイザーはこのほど「夏のフォトジェニック観光スポット」ベスト10を発表した。この夏(7月15日―9月14日)にサイトに投稿された口コミのうち、口コミ平均評価が4以上で、写真投稿件数の割合が多い観光スポットを日本人旅行者と外国人旅...

近江トラベルと商談会に手応え 白兎会/山陰・山陽

17/10/02

鳥取県や島根県など山陽と山陰方面の宿泊・立寄施設などで組織する白兎会(岩﨑元孝会長)が活発な活動を展開中だ。 8月31日に行った滋賀県の近江トラベル(植田重弘社長)との商談会には白兎会会員が20人、近江トラベル側は植田社長をはじめ22...

ムスリムインバウンドEXPO、大阪で初開催 1200人が来場

17/09/15

ムスリム市場に特化した商談会「ムスリムインバウンドEXPOin大阪2017」がこのほど、堺市北区の堺市産業振興センターで開かれた。2日間で、旅行会社や訪日市場に関心のあるバイヤーら1200人が来場。今後拡大が予想されるムスリム市場への関心の...

総合 アーカイブ

購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岡山美作三湯から令和の安らぎ

岡山県、ひいては山陽路を代表する湯のまち、美作三湯。岡山県北に位置する湯郷、湯原、奥津という...

栃木日光・鬼怒川で感じる四季の味わい

栃木県鬼怒川温泉―。世界遺産・日光のおひざ元、東京の奥座敷としてなじみの温泉地だが、西日本か...

静岡DCでパワーアップ旬の伊豆を行く

静岡デスティネーションキャンペーン(DC)が4月、開幕した。6月までの3カ月間、伊豆半島でも花火...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ