楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

JTB、エース夏旅を発売 様々な利用シーンに体験提案

18/04/26

JTB(髙橋広行社長)は4月6日、国内旅行パッケージ「エースJTB」の2018年度夏期商品を発売した。子どもの年代や夫婦、女子旅など様々なシーンにあわせた商品を各地域で設定。その地ならではの体験を通して、ここだけの夏旅を提案する。

信州方面では新商品「エンジョイ白馬・軽井沢・安曇野・蓼科」をリリース。30―50代の夫婦、女性グループ、アクティブシニアをターゲットとし、自然を楽しむ約50種目の人気アクティビティなどに使える「信州アクティブパスポート」を用意した。

メーン商品の「わいわいファミリー」は幼児から小学生以下の子ども連れ向け。なかでも沖縄は本島から気軽に行ける離島での海水浴プランや、ジャングルでのバギー体験、本島・石垣島での星空体験など多彩なラインナップを設定した。

中学生以下の子ども連れには「まるごと遊べる」シリーズ。北海道、東北、九州で地元ならではの体験や乗り物、食、土産など100種類ものメニューに使えるクーポンを用意。

そのほか、「エンジョイニセコ・十勝・知床」は体験を遊び放題の「ビッグパスポート」を用意し、三世代など様々な利用形態に利用を提案する。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ