楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

今年の夏は現状維持-JTBの夏休み旅行動向 海外は過去最高も国内前年並みに

18/07/26

JTBがまとめた夏休み(7月15日―8月31日)の旅行動向の見通しによると、1泊以上の旅行に出かける人は前年比0.1%増の7743万人の見込み。海外旅行人数は過去最高と予測するが、国内旅行人数が前年並みに。消費者の旅行支出にやや慎重な姿勢も見え、市場にとっては現状維持、“我慢”の夏になりそうだ。

今年の家計をとりまく環境は、株価の動向の不安定さや生活用品の値上げなどで不透明感が漂う。同社の調査でも旅行支出を増やしたい意向が前年より減少、減らしたい意向が増加するなど節約志向が強まり、旅行市場は活況とまではいかないと予測される。

国内旅行人数は前年から増減なしの7460万人。国内旅行は景気の不透明さが大きく影響することを考えると“健闘”といえそうだが、費用が同1.2%減と、節約志向の影響がここに出そう。

旅行目的は前年に引き続き「帰省」が微増となる一方で、前年落ち込んだ「海水浴」「ハイキング・登山・キャンプ」は増加。宿泊施設もホテル、旅館が減少し、民宿・ペンション、キャンプ場など比較的“お金のかからない”スタイルの旅にシフトしているのがみてとれる。

方面別では、沖縄、東北、北陸などが前年よりアップ。アンケートからは食のイベントや花火大会、動物園・水族館に注目が集まっているという。出発ピークは8月11―15日。

海外旅行は同4.1%増の283万人で調査開始以来最高となりそう。方面別ではLCC路線の就航が相次ぐ近場のアジアが同5.5%増と人気。ハワイは同5.0%増、ヨーロッパも同2.5%増と堅調だ。

調査は1200人のアンケート結果とJTBグループの販売予約状況などから推計した。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
旅で四国を元気に!香川編

7月に発生した平成30年西日本豪雨は四国各地に大きな被害をもたらした。だが、こういう不測の事態に...

秋の愛知で体感想像のその先

愛知県とJRグループは共同で大型観光キャンペーン「愛知デスティネーションキャンペーン(DC)」...

海と生きる三重伊勢志摩感じて

三重県伊勢志摩は、伊勢神宮への篤い信仰と独自の風土を軸とした唯一無二の観光文化に、国内外から注...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ