楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「アドベンチャー」「木育」ツーリズムを推進 JTB総研が団体設立

19/07/18

JTB総合研究所(野澤肇社長)がニューツーリズムの推進に力をいれる。「アドベンチャー」「木育」の2つのツーリズムについて7月、立て続けに推進組織を設立。地域、関係業界に旅を通した新たな活性化の形を提案する。

一般社団法人日本アドベンチャーツーリズム協議会(JATO)は、7月9日から稼働。阿寒アドベンチャーツーリズム社長の大西雅之さんが代表理事に就き、長野県観光機構や日本航空、東洋大学などから理事を招き、産官学で取り組みを進める。

日本では安価で楽しめる体験として人気の自然・文化のアクティビティだが、海外では比較的高額かつ長期滞在を促す素材として市場は大きい。同協議会では、アドベンチャーツーリズム(AT)の普及から、高付加価値・高品質・高額なAT商品の企画、流通、人材育成の体制整備、欧米からの旅行者の誘致を推進し、「訪日目的の1つにあげられるような世界水準のATの普及」を目指す。10月には東京でセミナーを開催、今年度中に会員募集を始めるなどの活動を予定している。

「木育ツーリズムコンソーシアム」は7月10日に設立。同研究所と芸術と遊び創造協会、矢野経済研究所と共同で、「木育ツーリズム」の普及を目指す。

森林をキーワードに地域の交流人口拡大、森林保全、林業や木工産業の活性化を図ることが目的。木材と関わるなかで森林と暮らしへの理解を深める「木育」を浸透させるため、子どもから大人までものづくりや体験を通じて森林、木材と触れ合える「木育ツーリズム」を普及させる。

今年度は、徳島県松茂町で8月2―3日に東京おもちゃ美術館による「木育キャラバン」を実施。消費者調査や、各地での木育ツーリズム推進の戦略策定支援、宿泊施設におけるナイトコンテンツの提供などを計画している。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ