楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「船渡御」貸切船、今夏も盛況 OATA基幹事業として運航

19/08/29

協同組合大阪府旅行業協会(OATA、徳原昌株理事長)は今夏も、天神祭「船渡御」で恒例の貸切船を運航した。日本三大祭りの一つに旅行業として唯一貸切船を運航する取り組みはOATAの基幹事業の一つ。船渡御の船列の中でも最大級を誇る300席は予約で早々に埋まり、この夏も大盛況だった。

天神祭の船渡御は毎年7月25日に行われ、大阪中心部を流れる大川を100隻以上の船が行き交う。河畔からは約5千発の奉納花火も打ち上げられる。

天神祭船渡御

どんどこ船に先導されるように、
天神橋南詰からゆっくり離岸した
OATA貸切船「御金弊船」

OATA貸切船「御金幣船」は、天神橋南詰から出航。300人がそろいの法被を着て、上流の飛龍橋を往復するまでの間、行き交う船と「大阪締め」を交わすほか、奉納打ち上げ花火が船の間近で炸裂、空と川面を彩る。

今年は、中国在大阪総領事館の李天然総領事をはじめ中国の関係者18人が乗船。国土交通省近畿運輸局の八木一夫局長らも初めて乗り込んだ。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ