楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

焚火で焼くサツマイモ

22/04/25

テレビの番組で、タレントの所ジョージさんと建築家の隈研吾さんが対談しているのを見た。面白い組み合わせだなと思って話を聞いていると、隈さんが得意とする「木組み」の工法は日本の技術の根幹にあるという。短く細い木を組み合わせることで長く太い材料として使える木組みは資源を無駄にしない工法だそうだ。隈さんは木組みについて「細いものでも強い力を発揮する、というのは人間社会のあり方のように感じます」と話していた。

所さんは現在、専門家と一緒に里山再生に取り組んでいて、里山を守るには薪拾いが大事であると伝えていた。「サツマイモは電子レンジでチンすればすぐに食べることができますが、枯れ葉や薪を集めた焚火で焼いたサツマイモの方は物語があります。焚火の煙で目が痛いとか、なぜ自分の方ばかりに煙がくるんだとか、いろんな話ができて面白い。レンジでチンでは物語が少な過ぎて面白くない」。

2人の話を聞いて、脆弱な我々の業界も「木組み」のように組み合わさって盤石な業界でありたいと思えたし、電子レンジのサツマイモはOTAで、焚火で焼くサツマイモはリアルエージェントと捉えられなくもない。これからの旅行業、観光業のあり方を示唆しているように見えないだろうか。

(トラベルニュースat 22年4月25日号)

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ