楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

JTBとシャープ 「ロボ旅@教育旅行」を発表

19/11/05

JTBとシャープは11月5日、シャープの小型ロボット「ロボホン」を活用した教育旅行プログラム「ロボ旅@教育旅行」を発表した。修学旅行などで京都を訪れる学校を対象に観光案内機能を搭載したロボホンを貸し出し、事前と事後の教育プログラムと合わせてパッケージで販売する。文部科学省が2020年度から学習指導要領を刷新し、教育の現場にICTの活用を求めるなかで、ロボホンと旅行を通じた学びの機会を提供することで需要を獲得していく考え。

東京・天王洲で開催した発表会でJTB執行役員法人事業本部事業推進部長の檜垣克己氏は、ロボホンを中心にプログラムを組み立てた理由について「“身近に楽しく”がキーになると考えた」と説明。教育旅行の楽しさやわくわく感を損なわずに学習効果を実現できるよう工夫したという。

プログラムは、現地ではロボホンが位置情報に基づいて事前登録された観光情報や歴史、文化などを説明するほか、事前学習であらかじめ作成したオリジナルの観光案内も聞くことが可能。出発前にはロボットについて学ぶ機会も用意でき、旅行終了後にはロボホンで旅行中に撮影した画像やGPSのログデータなどを提供することで事後学習にも役立てる。旅行中は、教員側から各ロボホンへメッセージを個別または一斉に送信したり、緊急時には通話することも可能だ。

まずは2023年度までに200校からの受注をめざす。利用料金は、京都で渡して回収するまでの利用期間を1台あたり6000円とする。5、6人の班別行動で班ごとに1台を利用してもらうイメージという。

情報提供 トラベルビジョン

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ