楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

KNT-CTホールディングス代表取締役専務に三宅貞行氏

20/04/27

KNT-CTホールディングス(米田昭正社長)は5月13日開催予定の取締役会で、近畿日本鉄道の三宅貞行(みやけ・さだゆき)取締役常務執行役員を代表取締役専務とする内定決議を行うと発表した。正式には6月17日開催予定の第83回定時株主総会およびその後の取締役会において決定する。

三宅氏の略歴は次の通り。
1983年4月、近畿日本鉄道(現近鉄グループホールディングス)入社
2007年3月、近鉄保険サービス取締役総務本部長
同11月、近畿日本鉄道グループ事業本部事業管理部長
2010年5月、同社監査部長
2012年6月、同社総合戦略室経営戦略部長
同11月、同社経理部長
2015年4月、近鉄グループホールディングス経理部長
2016年6月、近鉄不動産取締役経理本部長
2017年6月、近鉄グループホールディングス取締役常務執行役員経営戦略部担当
2019年6月、近畿日本鉄道取締役常務執行役員経理部担当
現在に至る
1959年9月13日生まれ、60歳。京都府出身。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

通潤橋の放水とともに熊本山都観光が大号砲

熊本県山都町でもっとも知られる観光スポット、国指定重要文化財「通潤橋」が今年4月、4年ぶ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ