楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

8・4%減の4兆2913億円 旅行取扱19年度年計、コロナ禍響くも年間で低調

20/05/22

観光庁は2019年度(19年4月―20年3月)の主要旅行業者の旅行取扱年度総計(速報)をまとめた。総取扱額は前年度比8・4%減の4兆2913億200万円だった。

第4四半期(1―3月)の世界的な新型コロナウイルス感染拡大が響いた格好だが、前年を上回ったのは第1四半期(4―6月)のみ。ほぼ1年を通して低調だった。

国内旅行の総取扱額は同8・3%減の2兆5807億9300万円。このうち旅行商品ブランド(募集型企画旅行)の取扱額は同9・1%減の8855億7600万円、取扱人数は同14・1%減の2891万5500人と前年割れが続く。

海外旅行の総取扱額は同10・0%減の1兆5108億8900万円。旅行商品ブランドの取扱額は同7・1%減の3927億2500万円、取扱人数は同13・7%減の164万1千人。

外国人旅行の総取扱額は同4・9%増の1996億2千万円。旅行商品ブランドの取扱額は同26・1%減の46億5600万円、取扱人数は同16・7%減の42万3千人。
48社のうち3社が前年度を上回った。

旅行イメージ

旅行者は戻ってくるか(イメージ)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

通潤橋の放水とともに熊本山都観光が大号砲

熊本県山都町でもっとも知られる観光スポット、国指定重要文化財「通潤橋」が今年4月、4年ぶ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ