楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

貸切バスとタクシーを連動 大阪バスグループ・西村信義社長に聞く(1)

全国にバス会社13社、タクシー会社5社のネットワークを持つ大阪バスグループ。1990年に小型バス3台からバス事業に乗り出し、30年を経て貸切バスの保有車両が約450台と国内最大の貸切観光バス事業者に躍進。現在は貸切バスだけではなく、高速バスや路線バスも運行し、2020年10月には旅館ホテルや食事施設を旅行会社へ手配する旅行サービス手配業の総合案内所「なにわ会」の運営にも関わるようになった大阪バス(本社・大阪府東大阪市)の西村信義社長に話を聞いた。

2つの“足”で価値提供

−大阪バスグループは全国にネットワークをお持ちですが近年、タクシー事業に力を入れておられます。その理由を教えてください。

6年ほど前、東京でタクシー会社を経営しないかとのお話をいただきました。800台を保有する会社でしたが、バス事業とは違って、タクシーに関してはまったくの素人ですので、お断りしました。

ただ、その話をいただいてからタクシー事業に興味が出てきました。いろいろと調べていますと福井の方でバス会社を買ってほしいという話があって買収しましたら、タクシーが40台ついてきて、それなら一度タクシー事業を体験してみようと思って始めたのがきっかけになりました。

興味を持って調べていたら偶然の出会いからタクシー事業に関わるようになりましたら、そのあとに福井県でもう1社買収することになり、そのあと京都、大阪、神戸と続き、現在は5社になっています。

和歌山や東京でも話がありますが、今から思えば最初に話があった東京進出が実現すれば、おもしろい展開になるなと思っています。これまでバス事業者として高速バスや路線バスを運行してきましたが、それぞれ停留所までの運行です。そこから先、停留場から自宅まで帰る足としてタクシーを活用することも一つの手段かなと。具体的なところまで考えてはいませんが、バスとタクシーを連動させると何か新たな事業が生まれる予感はしています。

大阪バスグループ・西村信義社長

バス、タクシーを保有していることを武器に
地域社会に貢献したいという西村社長

(次の記事)貸切バスとタクシーを連動 大阪バスグループ・西村信義社長に聞く(2)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ