楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

観光動画を競う「観光甲子園2020」 受付開始、決勝は来年2月

20/06/10

NEXT TOURISM(小野田金司代表理事)は、高校生が観光に関する動画を競う「観光甲子園2020」を開く。初回となった昨年度に続く第2回。新型コロナウイルス感染拡大の影響で多くの高校生の大会が中止となるなか、観光の世界で高校生の躍動に注目される。

コロナ禍の受け、2カ月遅れでの開催となる。JTBが特別協賛で、高校での探究型学習を支援する同社のプログラムと連動するなど観光学習の指針を盛り込んで観光プラン・企画を競う。

大会の方針は3つ。コロナ禍を受けてこれに対応するリモート運営、SDGs時代のeラーニングプログラムによる探究型学習、JTBと連携た観光教育プログラムの提案―を掲げる。

コンテストは、訪日客への滞在交流型観光プランを競う「訪日観光部門」、日本遺産への誘客を図る「日本遺産部門」、スタディツアーを企画する「ハワイ部門」の3部門。6月22日―7月10日までエントリーを受け付ける。その後動画の制作に取り組み、10月26日―11月6日に予選の動画提出、予選審査会を経て12月1日に決勝大会の進出チームが決まる。決勝は来年2月7日、兵庫県神戸市の神戸大学総合研究拠点コンベンションホールでプレゼンに臨む。

大会サイトはhttps://www.nexttourism-contest.jp/

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

通潤橋の放水とともに熊本山都観光が大号砲

熊本県山都町でもっとも知られる観光スポット、国指定重要文化財「通潤橋」が今年4月、4年ぶ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ