楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

県補助事業とGo Toトラベル 滋旅協、担当者招き説明会

20/08/27

滋賀県旅行業協会(加納義之会長=トラベルメイトサービス)は7月31日、県補助事業や「GoToトラベル事業」に関する説明会を開いた。42人が参加した。

県補助事業に関してはびわこビジターズビューロー国内誘客部の高田博之部長と香月義之副部長が、県内の宿泊施設や観光施設を県民が利用する「今こそ滋賀を旅しようキャンペーン」について説明。高田部長は県内の旅行会社がつくる宿泊ツアーにバス料金を1台あたり20万円、宿泊利用については1人5千円を補助する旨を伝え「安心安全な宿泊観光団体バスプラン」の造成を呼びかけた。

また「ウェルカム滋賀・びわ湖教育旅行キャンペーン」は県内登録の旅行会社だけでなく、他府県の旅行会社にも適用される。高田部長は「県内の宿泊・観光・体験施設利用を使った教育旅行には、2021年3月31日まで生徒1人につき500円を助成するので、大いに活用してほしい」と訴えた。

滋旅協GoToトラベル説明会

会員42人が参加した説明会

引き続いて近畿運輸局観光部観光企画課の岩﨑康彦課長と太田幸広係長がGo Toトラベル事業について説明。参加者からは「地域共通クーポンはいつごろ発行されるのか」「予算がなくなったら事業は終了するのか」といった質問が相次いでいた。

このあと全旅西日本支社の池上聡支社長が「全旅クーポン入会キャンペーン」、日本旅行関西エージェント支店の寺野義士副支店長が「日本旅行のGo To事業・αライン」について説明。

ANTA滋賀県支部の北川宏研修委員長は「旅行業における新型コロナウイルス対応ガイドライン」として、貸切バスと宿泊施設におけるガイドライン概要を説明した。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ