楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

JTBが働き方改革 「新たなワークスタイル」実現へテレワーク拡大など新制度導入

20/10/29

JTB(山北栄二郎社長)がニューノーマル時代の働き方改革に着手した。10月28日、「新たなJTBワークスタイル」の実現を掲げ、テレワークによる勤務制度を拡大、転勤で転居が必要となった場合でも転居せず現在の住居のまま勤務が続けられる制度を導入したと発表。働き方に柔軟性をもたせ、働きやすさを向上、社員のモチベーションアップ、社内風土の改革につなげていく。

「新たなJTBワークスタイル」では、時間や場所に縛られない柔軟な働き方▽デジタル×リアルを駆使したハイブリッドな働き方▽社内外での交流促進で自由闊達な風土とイノベーション創出▽業務効率化促進による生産性向上▽社員の働きがいや働きやすさの向上―を目的に掲げる。

コロナ禍で大半の社員がテレワークを経験。生産性に問題がないと感じる社員が多く、今後も在宅勤務を希望する割合も高かったことなどから、今回の制度導入を決めた。
新制度では、担当業務によって判断は異なるがテレワークによる転居なしの転勤を10月に導入。社外との交流促進を目的に、副業についてのガイドラインも制定した。
2021年4月には、週5日勤務にこだわらず年間の勤務日数を選択できる制度も導入予定。育児や介護などの理由がなくても、希望者はあらかじめ決められたパターンの中から勤務日数を選べるようになる。

そのほか、ワーケーションなどを含むテレワーク勤務制度の拡大も規則としてまとめるなど、新しい働き方へ柔軟に対応する。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ