楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

石川、福井県が健闘 20年度全旅クーポン取扱実績、“県内割”で域内交流増

21/06/30

全旅(中間幹夫社長)はこのほど、2020年度の「全旅クーポン」取扱実績を明らかにした。券面金額実績は154億500万円で、コロナ禍の影響を受け19年度比38・7%と大幅に下落した。

20年度の送客会員実績、宿泊券、観光券、船車券の上位100社(施設)はトラベルニュースat6月25日号5面に掲載した表の通り。総じて石川県や福井県など北陸勢が上位にラインナップしていることが特徴。これは、県内宿泊観光を促す独自キャンペーンが奏功した結果で、全旅では「両県の旅行業協会や県支部の努力により、ANTA会員経由で取り扱いができたことによって19年度比で石川県154%、福井県110%とけん引しました」としている。

21年度については、新年度開始時の緊急事態宣言の延長により出鼻をくじかれた格好だが、券面実績で20年度比234%の340億円の取扱が目標。ただ19年度比では87%にとどまっている。

また今年は、同社が運用するANTA−NETが開設13年目を迎えることから再リニューアルを検討。「22年度内にリリースしたいと考えています」としている。

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

観光復活は四国一周しこくるりから徳島編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。最終回は徳島県の旅...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ