楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

成田空港 自動手荷物預け機で手続き短縮

19/08/21

成田空港で、今夏から自動手荷物預け機の本格導入が始まった。これまで第1ターミナル北ウィングで実証実験を行ってきた。

その結果、チェックインの時間短縮や、有人チェックインカウンター周辺の混雑緩和につながるとして、本格導入する。成田国際空港会社(NAA)によると、対人で平均2分かかっていた手続きが、平均90秒に短縮されるという。

今後、第1ターミナル南ウィングを皮切りに、2020東京オリンピックまでに、全ターミナルに72台を順次導入する。

今のところ15社が参加を予定。第1ターミナル南ウィングが全日空、ニュージーランド航空、スカンジナビア航空、エチオピア航空の4社、同北ウィングがKLMオランダ航空、エールフランス航空、アリタリア-イタリア航空の3社。

第2ターミナルが日本航空、キャセイパシフィック航空、アメリカン航空、カンタス航空、エミレーツ航空、フィンエアーの6社。

第3ターミナルがジェットスター・ジャパン、ジェットスター航空の2社。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ