楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

JR東日本秋田支社、パラリンピック体験で大館駅にボッチャコートを設置

19/08/23

JR東日本秋田支社は25日、大館市と連携し、開催まであと1年に迫る東京2020パラリンピック開催に向けた気運醸成のため、大館駅に「ボッチャコート」を設置する。設置は当面の間。

ボッチャコートイメージ

大舘駅待合室でパラリンピックを体感

ボッチャコートは、奥羽本線 大館駅 待合室(旧観光案内所物産コーナー)に設置。ボッチャコートは、ハーフサイズ 縦6m×横3mの仕様だ。

大館駅のある大館市は、東京2020パラリンピックにおいて、タイ王国のホストタウンに登録されており、「ボッチャ」チームの事前合宿地に決定している。

ヨーロッパ考案のボールの距離で競う人気競技「ボッチャ」

ボッチャは、重度の脳性まひ者や同程度の重度障がいが四肢にある人のためにヨーロッパで考案されたスポーツ。パラリンピックの正式競技として行われている。 男女の区別はなく、障がいの程度でクラス分けをして順位を競う。ジャックボール(目標球)と呼ばれる白いボールに、赤・青のそれぞれ6球ずつのボールをいかに近づけるかを競う。

「駅を利用する人に、待ち時間などを利用して、気軽にボッチャを体験してもらい、パラリンピックスポーツへの理解を深め、共生社会実現に向けた取り組みを進めたい」と同社。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ