楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

SDGs浸透へ ANA、客室乗務員らSDGsバッジ着用、機内PRなど実施

19/08/30

ANAホールディングスは9月15~30日、客室乗務員などによる「SDGsバッジ」着用や同社が情報発信を行うなど、SDGs浸透に向けた取り組みを実施する。ESG経営を推進し「社会的価値」「経済的価値」を同時に創造し、SDGsの達成への貢献を目指す。

客室乗務員が着用

SDGsバッジ着用や機内放送でSDGs浸透へ

SDGs(Sustainable Development Goals)は、持続可能な開発目標のこと。同社は、2019年9月に開催される国連総会において初めて開催されるSDGs首脳会合に合わせ、SDGsの普及と浸透に向けた新たな取り組みを展開。羽田空港、成田空港で客室乗務員、空港係員がSDGsバッジを着用するほか、機内映像コンテンツ、機内誌でSDGsを特集を行う。

ロゴ

SDGs普及に向けた主な取り組み

1.SDGsバッジの着用

ANA運航便をご利用のお客様に広くSDGsを知ってもらうことを目的に、客室乗務員、空港係員がSDGsバッジを着用する。
着用期間:2019年9月15日(日)~2019年9月30日(月)

SDGsバッジ

2.国際線機内での「SDGsチャンネル」の上映

2019年9月から国際線機内の映像コンテンツとして「SDGsチャンネル」の上映を開始する。
内容:映像作品を通じたSDGsの普及を目的に開催された「第1回SDGsクリエイティブアワード」の授賞式の模様と受賞作品を紹介するほか、外務省作成の映像内でSDGsを積極的に推進する企業や団体の取り組みも紹介する。
上映期間:2019年9月1日(日)~2019年10月31日(木)

機内上映

3.機内誌「翼の王国」でのSDGs活動の紹介

機内誌「翼の王国」10月号でANAグループのSDGsの取り組みを紹介する。2019年度から開始したANAグループの活動紹介ページ「ANA TOMORROW」で、SDGsの普及と浸透に向けた新たな取り組みをはじめ、ANAグループ社内でのSDGsの理解・浸透を目的としたワークショップ展開の様子などを紹介する。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ